栄和化工新工場(第1工場)

栄和化工新工場(第1工場)

かつてない高精度を達成する為に

ディスプレイの薄型化、携帯電話の軽量化、電子部品の小型化、これらを支えているのは、フィルムの機能化、複合化、薄膜化、そして高精度化技術です。コンバーティング業界における塗工、ラミネートの高精度化に対する要求は、当然ますます厳しくなっております。
栄和化工では、お客様のニーズにお答えするために、クリーン度、高精度化に徹底的にこだわった、第1工場を新設いたしました。そして、その内部には、徹底的に高精度化されたコーター・ラミネーター『L-1-5号機』を設置いたしました。

工場外観

この何気なく見える工場の下部には、機械の振動を抑えるために、50mを越える支柱が、50本以上も打ち込まれています。

機械の精度を上げるだけでは達成できない、一段上の高精度を実現するためです。

クリーン度を維持する為に、ストックヤード〜前々室〜前室〜クリーンルームという流れで原反は搬入されます。また、それぞれの部屋は高速シートシャッター・エアシャワーで仕切られ陽圧管理されております。

そしてコーター・ラミネーター(コーター部・ラミ部・巻取・巻出部等のライン全体)は、クリーンルーム内(クラス10,000)に、さらに設けられたクリーンブース内部(クラス1,000)に設置されています。

工場内部
第1塗工ブース

コーター・ラミネーターの塗工部には、数種類のコーターヘッドを備え、そこには、さらに高度なクリーン化対策が施されています。

この数種類のコーターヘッドにより、薄膜から(厚塗り)まで、幅広い範囲にわたり、高精度な塗工を可能としています。

▲このページのTOPに戻る

TOPページに戻る